埋葬の場所を選ぶ

お墓

運営の違い

亡くなった方のご遺骨はお墓に埋葬しますが、そのために霊園は欠かせない場所です。故人が一般的に信仰している方が多い宗教に属していなかったり無宗教を標榜していたりする場合、霊園は特に選びやすい墓地です。霊園は社団法人や地方公共団体が運営していますので、公募で一画が手に入ることも珍しくありません。神奈川で霊園に遺骨を収蔵してもらうには、使用の権利を購入する必要があります。もちろん埋葬するのは火葬後です。葬儀から火葬までの以降の流れは各宗派の墓地に埋葬する際と変わりません。神奈川で霊園に墓石を建てる際には別途費用が必要になります。故人の宗教や家族の希望によって必要になる墓石は異なりますので、好きなものを選びましょう。小まめに神奈川で慰霊に訪れたい場合は、遺族が足を運びやすい距離にある霊園を選んで埋葬すると良いでしょう。霊園の中には一見公園のような足を運びやすい場所がありますから、訪れることによって刷新された気持ちで慰霊できます。こうした霊園を選ぶことで人生が前向きになります。また故人が埋葬された場所にこれから遺族が入ることを考えて、皆にとって魅力的な区画を選ぶことも大切なのです。足を運んだ際に必要になるお線香やお供え物は、各家族が用意します。神奈川で各種霊園のサービスを知りたい方は、埋葬前に無料相談を利用してみましょう。実際に現地に足を運んで相談にのってもらえます。他にも無料の資料を請求することで、数多くの霊園の違いを比較できます。