供養付きのお墓を買う

メンズ

業者を選ぶ際には

京都は古い歴史を持つ街であるため、家や家名を重んじる傾向が他の地域よりも強くなっています。しかし、そんな京都も時代の流れには抗うことができず、若い世代を中心に合理的な考え方をする人が増えてきました。お墓の購入状況にも、その変化を見て取ることができます。昔は、その家の苗字を受け継ぐ者が先祖代々のお墓を継承し、次の世代に繋げていくことが当たり前のことになっていました。しかし、近年の京都では、先祖代々のお墓を墓じまいして、永代供養墓に買い替えるケースが増えてきています。子供の数が少なくなったことに加え、人々の活動範囲が昔に比べるとグッと拡大したことが原因となって、先祖代々のお墓を守り切れなくなってしまうケースが増えてきました。先祖代々のお墓に固執して十分な墓守ができなくなってしまうよりも、永代供養が保証されたお墓に乗り換えてしまう方が良い供養になるだろうと考える人が多くなってきたのです。京都では毎年のように新しい永代供養墓が売りに出されていますが、販売開始と同時にすぐに購入予約でいっぱいになってしまうような状況が続いています。永代供養墓という名称が示しているように、永代に渡る供養をお願いすることになるわけですから、業者選びには慎重を期すようにしたいものです。購入して遺骨を納骨してからこんなはずではなかったと後悔しても、簡単にまた引っ越せるようなものではありません。永代供養墓を購入する際には、具体的にどのような方法で供養してくれるのか、また、お墓周りの清掃はどの位の頻度で実施してくれるのかなどを、しっかりと確認してみることが大切です。