メンズ

供養付きのお墓を買う

京都では、先祖代々のお墓を閉じて、永代供養墓に遺骨を移す人が増えてきています。自分や自分の子供達がずっと京都に住み続けるかどうか定かではないことを考えると、永代供養墓を持っておく方が先祖供養を疎かにせずに済むと考えられるからです。

合掌

ゆっくりと休める場所を

埼玉県内には公営や私営の霊園はもちろんのこと、最近では可愛いペットたちが安心して眠ることができるペット霊園も増加しています。人気のある場所は販売開始前の予約の段階で抽選が行われることがあるので、情報を逃さないようにキャッチしましょう。

室内タイプのお墓が人気

男性

雨の日でも心配いりません

近年、日本は高齢化社会に突入しましたが、その影響はお墓不足という問題を全国各地で引き起こしており、特に東京は深刻なものとなっています。お墓が不足する大きな原因として用地不足があげられます。特に人口密集地帯の東京都は、お墓を作る土地不足や近隣住民への配慮から、一般的な墓地を新規で作るのは難しい傾向にあります。そのような中で誕生したのが室内型の納骨堂で、専用のビル内に納骨施設を作る事によって、駅から比較的近いところでも大規模なお墓を作ることが出来るようになりました。この室内型納骨堂は東京などの大都会では急速に普及が進んでおり、近隣住民への配慮も外観は普通のビルと変わらない事から心配いりません。また、屋外の一般的な墓地と違い、ビルタイプだと少ない敷地面積でも縦のスペースを有効活用する事ができるので、まさに都会向きのお墓といえます。室内型納骨堂の利点は他にもあり、室内ですので空調のきいた参拝スペースで快適にお参りをする事ができるうえ、雨の日でも関係なくお参りできるのが良い所です。このような納骨堂を契約すると専用のキーがもらえますので、そのキーで室内に入室して参拝専用スペースで夜でもお参りする事が出来ます。一般的にこのような納骨堂は、宗旨宗派を問いませんので誰でも契約する事ができますし、料金も寺院などの墓地と比べ安価に設定されているので、経済的なメリットも得られます。このように様々な利点が室内型納骨堂にはあるので、東京都内でお墓探しをする際には、室内型納骨堂も選択肢に入れると良いでしょう。

お墓

埋葬の場所を選ぶ

霊園とお墓の大きな違いは、運営している団体にあります。神奈川で霊園を選択した場合、地方公共団体や社団法人が運営していることも珍しくありません。霊園を選ぶ際は遺族にとって足を運びやすい場所にあるかどうか考えましょう。